CTCのライフサイエンス情報サイト LSTech

DMPK業務へのアプリケーション

line
海外発IDBSブログ
電子実験ノート(ELN)ソリューション~生物系業務~
関連ニュース

薬物動態試験(PK)

薬物動態試験とは?

  • 薬物動態試験ではin vivoに化合物を投与後、バイオアベイラビリティ、Cmax、生物学的半減期(t1/2)などのパラメータを計算し、薬物として不可欠な安定性を決定します

薬物動態試験における現状の課題

  • 単一の統合プラットフォームで対応困難な局面
  • Watson LIMSはフォーマットが固定しているため、サンプル収集や結果の管理の柔軟性に欠ける
  • 投薬・サンプリング・分析など一貫した試験業務のスケジューリングの管理が困難
  • フレキシブルな試験デザインが求められる
  • Vivo試験は試験テーマ・ステージにより試験デザインが変わりうる
  • 試験結果だけではなく属性情報も重要
  • 手作業によるレポーティング
  • カット&ペーストによるレポート作成(例:Excel⇒PowerPoint)
  • 多数のデスクトップアプリケーション
  • Excel – データキャプチャと基本的な解析
  • WinNonLin, SAS, R, GraphPad PRISM – 統計解析・カーブフィッティング・グラフ描画
  • Word & Powerpoint – レポーティングツール
  • 検索ができない、ナレッジマネージメントが困難

ワークフロー

試験準備

処置グループ(投与条件と対象動物)の設定

各処置グループ(TG1,TG2...)にサンプル化合物、投与経路、対象動物、投与量、製剤情報を設定する。

測定結果値の入力

測定結果の生データの入力(Excelから貼り付け)

Raw DataテーブルのCell(黄色)にExcelからデータを貼り付ける

データ解析

統計解析によるC0, AUC∞等を計算(Fittingポイント選択)

レポーティング

目的別グラフの描画、上長承認や報告書提出のためのレポート作成

薬物動態試験への適用 ~まとめ~

In vitro assay

レディメイドのDMPK業務用Templateパッケージ

  • ミクロゾーム安定性試験
  • CYP阻害試験
  • Caco-2 細胞浸透性試験
  • タンパク結合率
  • Hepatic Uptake(Transporter)アッセイ

※上記はあくまでも一例で、様々な試験種目にも対応可能です

Plate assay例:CYP inhibition

測定機器との連携例:Worklist出力

測定機器との連携例:測定データの取込

PK/PD解析

PK/PDとは?現状の課題は?

  • 薬物暴露と薬効の相関
  • メカニズムオブアクション決定の手段となる
  • 生理機能における複雑な薬効の解明を支援
  • 臨床投与量の範囲の推測支援
  • 現状の課題について
  • 他部門からPDデータを取得しなければならない(メール等でExcelファイルの送受信で行われる)
  • レポート作成のため手作業によるデータセットのマージ
    ・時間のかかる作業
    ・ヒューマンエラーが発生しやすい

PK/PD解析への適用

DMPK業務におけるE-WorkBook 導入メリット

【in vivo試験】安全性薬理試験(テレメトリー)

ワークフロー

①E-WorkBookでのノート(Experiment)の作成

新規Experimentの作成(RadiotelemetryのTemplate)を利用

②試験条件の設定<Instruction>

業務ワークフローに沿った操作ガイド
  • Instruction
  • Instruction上の説明記述に従って試験条件のセットアップや結果値入力、帳票確認などが行える
  • 記載内容は、自由に編集可能で、日本語も利用可能

③試験準備と処置グループ

サンプル化合物、処置グループ(投与条件と対象動物)、動物情報の設定

各処置グループ(TG1,TG2...)にサンプル化合物、投与経路、対象動物、投与量を設定する。

④動物の群分け

処置群に属する動物の個体変動を考慮して群分け

各グループに属する動物の体重の平均値にバラつきがないように群分けする

⑤測定結果値のインポート<その1>

測定結果の生データを取り込む

データ取込み用テーブルにImport Data機能を使って生データの一括登録

⑤測定結果値のインポート <その2>

⑥結果の解析

登録された生データに基づき個体別/処置群別解析

生データのインポートと同時に各種レポート用グラフが自動的に描画されている

⑦レポーティング

上長承認や報告書提出のためのレポート作成

⑧署名・監査証跡機能

  • Experimentでは版管理が行われ変更保存時の全バージョンの履歴が格納
  • SpreadsheetにAudit logを記録するシートが存在し、データの作成・修正・削除等の全てのアクションが記録され、Change Controlが可能

毒性・安全性試験への適用~まとめ~

E-WorkBook + BioBookを利用すると?
  • 雛形の操作ガイドにそって入力することで、プロトコルの定義・群分け・結果登録・解析・レポーティングまで自動的にワンプラットフォームで行える
  • プロトコルが変動した場合でも、セルの範囲指定や関数の変更なしで生データからの解析が可能
  • 機器データから生データの一括取込みが可能(同じ機種の場合、同じ定義情報を使って繰り返し取込み操作が可能)
  • 生データを貼付けと同時に、容量反応性依存性曲線の描画とパラメータの算出までが自動的に行われている
  • プレート配置テーブルにより各種設定(化合物の位置・濃度情報)の情報を集約、関連する全テーブルに同時に反映される
  • 監査証跡機能によりGLP準拠試験にも適用可能

PageTop