製造業
製造業
グローバルサプライチェーンにおける
製品・部品の在庫可視化

業界背景

昨今の製造業ではグル―バル化が進み、海外に事業展開する企業が増加しています。製品の設計から生産・販売までの各プロセスにおいて、最適な立地条件を有する地域に展開することで、サプライチェーンの改革されてきています。国内製造業では、生産拠点を中国や東南アジアを中心とした海外展開が進んでいます。これに世界中の新興国での工場や新設や、海外子会社の買収などが含まれます。
経済産業省「2019年版ものづくり白書」によると、国内製造業における海外生産比率は年々上昇し、また国内の生産拠点の立地件数は減少傾向にあります。

業界背景

2019年版ものづくり白書(PDF版)(METI/経済産業省)より

業務課題

生産拠点の分散に伴い、様々な課題が生じています。
先ず挙げられるのが、世界各国で製造された部品を輸入し、組み立てて製品を完成させる工程において、部品の在庫把握がボトルネックになっています。特に海外子会社では、在庫を管理する既存システムが異なっていたり、そもそもシステム化されていない場合は、迅速な在庫把握が困難な状況になっています。在庫管理に限らず製造業者では、生産拠点に応じて複数のシステムの管理業務が、複雑化しています。また設計と製造工程がそれぞれ別システムで運用されている場合トレーサビリティが十分といえません。製造中に部品の欠陥が見つかった場合、設計の原案を作成した担当者を特定するのに何日もかかってしまう可能性があります。
また製造業では、消費者向けの高品質なサービス提供が期待されています。部品交換が必要になったお客様には、迅速な対応が求められます。部品がすぐに用意出来るか把握し、すぐに用意出来ない場合には、予想出荷日と輸送時間を速やかに通知する必要があります。このように製造現場部門だけでなく、サービス部門においても、リアルタイムな状況把握が必要となっています。

<主な課題>
  • 製品、部品、コンポーネントの在庫状況のリアルタイム把握
  • サイロ化した複数システムの管理が複雑化
  • 研究開発(設計)・製造・販売までの情報のトレーサビリティ欠如による、不具合発覚時の対応遅延

導入システム

製品、部品、コンポーネントに関する情報を格納する全てのデータソースに加え、企業の既存データベース、データウェアハウス、顧客管理システムなどのデータソースを集約しました。これらデータは、Sinequaプラットフォームの統合画面で検索、参照可能なシステムを構築しました。

導入システム

導入効果

導入効果
導入効果
  • 各生産拠点や各サプライヤーにおける製品・部品の在庫状況を可視化
    • 出荷予定の正確な把握
    • 期限内の納品を実現
  • 不具合が見つかった部品について、速やかにロット番号や製造品質文書を特定できるなど、トレーサビリティが増大した
  • ナレッジが会社全体で共有され、再利用できる情報資産となった
  • お客様からの部品交換を依頼された際に、確実な出荷予定日を伝えられるようになり、サービス品質が向上した
  • 情報検索に費やす時間が削減、エンジニアと製造担当者の業務効率化が向上しただけでなく、製品のリードタイムが短縮化した

資料ダウンロード

サプライチェーンの統合ビューによるグローバル製造業の効率化:ホワイトペーパー(日本語・PDFファイル)
サプライチェーンの統合ビューによるグローバル製造業の効率化:ホワイトペーパー(日本語・PDFファイル)

Sinequaプラットフォームでサプライチェーンの統合ビューを構築したグローバル製造企業のホワイトペーパーです。設計、エンジニアリング、調達、品質管理などにわたるコラボレーションと関連情報の連携を促進し、ROI向上を実現しました。

資料請求・お問い合わせ

Sinequa製品ページSinequa製品ページへ戻る

Sinequaの業界別ユースケース一覧

Sinequa製品に関するお問い合わせや導入のご相談など、担当スタッフがサポートします。
お気軽にご相談ください。

03-6417-6600受付時間:平日9:00〜17:30