03-6417-6600 営業時間 平日9:00~17:30

お問い合わせフォーム

製品トピックス2018/5/28

機能性飲料(特殊飲料水)の市場動向

原文:
http://3dsbiovia.com/blog/index.php/2018/03/01/latest-trend-functional-beverage-market-specialty-water/window open

出展:Dassault Systems BIOVIA

訳文:
特殊飲料水は、機能性飲料の市場でますます人気となってきています。消費者による栄養補給や生活習慣の改善が見込める代替飲料のニーズが高まっているため、機能性飲料市場は、数年にわたり活況を呈しています。 Summer Fancy Food Showで注目を浴びた製品に着目したところ、機能性飲料市場における最新のトレンドは特殊飲料水だといえます。Summer Fancy Food Showは、ニューヨークに所在するSpecialty Food Association が毎年開催する、食料品の展示会です。2017年の展示会では、特殊飲料水が目立って特集されていました。飲料の開発者は、Summer Fancy Food Showで展示されていた特殊飲料水のアイデアを発展させることで、更なる開発を検討していきます。そこで、電子実験ノート(ELN)の利用は、特殊飲料水の製品開発における様々な研究を支援します。

Fancy Food Show由来の特殊飲料水のアイデア

Summer Fancy Food Showで、製品開発者による、昔ながらの味のついていないボトル入り飲料水を微調整することで機能性飲料を製造する方法が、大きく取り上げられました。他の方法では、様々な成分の添加が行われるのに対し、この方法ではかなり高度な技術を要します。ここでは、機能性飲料市場において特殊水を開発する選択肢を考慮するポイントについて以下に挙げました:

  • 水の化学的成分を変更する。
    近年、特殊飲料水のメーカーは、特定の機能的ニーズを満たすために水の分子組成を変更する方法を見出しています。例えば、あるメーカーでは通常の水の100倍以上の酸素を含む特殊飲料水を開発しましたが、これにより自然に活力を高めるという効果が加わりました。他のメーカーでは、水素が付加された水を注入することで、炎症を鎮め、循環を改善し、運動選手の筋肉回復をサポートする効果を持つようになりました1
  • 水にスパイスや油を注入する。
    余分な糖分やカロリーを添加することなく、風味と栄養成分を増加させるため、多くの飲料水開発メーカーが、自社の製品に油やスパイスを添加しようとしています。 Summer Fancy Food Showでは、ターメリックやジンジャー、ミント、抹茶、カモミール、ザクロ油、バラ水、さらにはカバノキの樹皮の抽出物を添加するケースが披露されていました。2
  • フルーツジュースと天然フレーバーを含む水を注入する。
    過去の飲料水調合の開発では、製品に軽い果物の風味を加えるために、しばしば人工香料が用いられてきました。しかし、昨今の消費者の多くは、天然素材を使用した製品を好んでいます。そのため、開発者はステビアや実際の果物など、植物由来の香料の選択肢増加を探索しています。しかし、水と風味の適切なバランスをとることは難しく、特殊飲料水は機能性飲料市場のジュース部門に入ることはありませんでしたが、今年の展示会では開発者により、イチゴピューレやライムジュース、パイナップルジュース、ステビア抽出物、メープルサップなどの植物由来の成分で風味付けが可能であることが示されました。3
  • 希少な場所から水を調達する。
    Summer Fancy Food Showで最もクリエイティブだった飲料水の開発者の1人は、何百万年もの間、汚染されていないと宣伝しているアフリカのタンガニーカ湖の奥深くから水を調達していました。これは、今日の水源に対する環境汚染を気にする消費者にとって特に訴求力の高いものとなっていました。

特殊飲料水研究において電子実験ノートを利用するメリット

特殊飲料水の製造における様々な選択肢を検討している飲料開発者は、電子実験ノート(ELN)を使用することで研究の支援が得られます。ELNは、研究所のデータを電子的に保存し、紙ベースの実験ノート使用により発生する手間を排除できます。例えば、研究者は水の分子組成や香辛料添加の組み合わせ、果汁と水の比率を変えるための様々な方法を試行錯誤しますが、ELNは前の実験データに容易にアクセスして結果を比較することができるため、ベストな調合を特定できるようになります。また、電子実験ノートの電子データ記憶機能は、複雑な調合が用いられる開発プロジェクトにおける、共同作業を簡素化します。例えば、希少な場所から調達された水の性質を測定する現場調査員は、直ちにデータを研究所に送り返すことで、より詳細な評価と分析が可能になります。また飲料調合の開発者は、栄養士とデータを共有することで、製品の候補である特殊飲料水を食べ物の面から評価される手助けにもなります。

ELNは、データへのアクセスを容易にし、コラボレーションを促進することによって、ラボの生産性を向上させるという全体的な効果をもたらし、最終的には会社の運用コストを削減します。これにより、希少な場所から水を調達し、水の化学成分を調整するための高いコストと相殺されることになるので、お客様企業にコスト効果をもたらします。そして、より幅広い消費者層に向けて、特別価格の飲料水を提供できるようになります。

BIOVIA Electronic Lab Notebooks は、機能性飲料市場における特殊飲料水の開発における選択肢を広げるなど、食品および飲料分野での製造開発を支援する優秀な研究ツールです。これと他のソフトウェア製品の詳細についてご興味のある方は、今すぐお問い合わせください!

製品紹介ページ