CTCのライフサイエンス情報サイト LSTech

T3

line
関連ニュース

製品概要

T3では迅速で正確な物性パラメータ測定を可能にします。これにより大幅な研究の効率化を実現します。pKa, logP, logDの測定・ pH-solubilityプロファイリングならびに溶解性試験を一つのシステムで実施可能です。

特徴・利点

  • T3の特徴
  • 全自動で実験を行います。マニュアルでのキャリブレーション・クリーニング操作が必要ありません。
  • 特別な試薬が必要なく、コストを削減します。
  • ml単位でのアッセイボリューム、1mg以下でのサンプル量でpKa, LogPアッセイ可能です。
  • 自動で濁度を検出するLEDを搭載しております。
  • コンピューターによる温度制御が可能です。
  • UV吸収用いたpKaを10分で測定が可能です。
    (マニュアルでは30分以上)
  • 広範囲のpKaデータの測定が可能です。
    (2以下、12以上のデータも取得可能)
T3

T3による各種パラメータ測定
アッセイ 概要 サンプル量
pKa
pH-metric 測定可能なpH 範囲 2-12
溶媒は水もしくは有機溶媒(メタノールなど)
0.5-1mg
UV-metric 測定可能なpH 範囲 1.5-13.5.
化合物の中にUV吸収部位を有すること
溶媒は水もしくは有機溶媒(メタノールなど)
10mM溶液 150μL
もしくは0.05mg以上
LogP
pH-metric 測定可能なLogP範囲 -1 to +6.
水中の pKa およびオクタノール中のpoKa を用いて算出。LogD 値は上記 pKa 及び LogP の値から算出
0.5-1mg
Solubility
Cheqsol pKaデータから溶解度を算出。
Kinetic Solubility と Intrinsic Solubilityの測定が可能。
3mg
GI Dissolution UVを用いたpHの変化による放出・溶解の添加剤の存在下でも測定が可能。
人口腸液を用いた試験も可能
(e.g. FaSSIF, FeSSIF simulated intestinal fluids)
10-30 mg
(3-5mg /tablet)

基本機能: pKa測定

  • UV-metric titration(UV吸収を利用)
  • pH調整、溶解
  • HCl or KOHで滴定
  • pH/UV データからpKaを取得
  • より低濃度のサンプルで測定可能

  • pH-metric titration(電極を利用)
  • pH調整、溶解
  • HCl or KOHで滴定
  • pH/UV データからpKaを取得
pH-metric pKa example: propranolol (base)
pH-metric pKa example: propranolol (base)

データの整合性(Fast UV pKa)

T3の特徴としてUV-metric titrationを使った精度の高いpKa測定が可能です。

Amiloride 8.67
Bendroflumethiazide

8.29, 9.81

Benzocaine 2.55
Chlorzoxazone 8.04
Diazepam 3.44
Flumequin 6.22
Fluoxetine 10.05
Furosemide

3.56, 10.22

Hydrochlorothiazide

8.75, 10.01

Ketoprofen 3.99
Labetalol

7.42, 9.29

Naproxen 4.10
Nortryptiline 10.18
Papaverine 6.54
Phenazopyridine 5.10
Promethazine 9.04
Quinine

4.39, 8.59

Terbutaline

8.71, 10.91

Tolmetin 3.48
Warfarin 4.94

(measured at 25°C and an ionic strength of 0.15 M)


資料ダウンロード

カタログ

デモ動画

SiriusT3 - automatic pKa, logP, logD and solubility determinations

PageTop