製品トピックス2020/6/1

Sinequaが、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)研究用のインテリジェント・インサイトポータルを無償で公開

科学研究者を支援する技術を求めるホワイトハウスの呼び掛けに迅速に対応

米国ニューヨーク - 2020年4月16日 - 本日、インテリジェント・エンタープライズサーチのリーダーであるSinequa社は、同社が開発した、新型コロナウィルス感染症(以下、COVID-19)の研究を支援する、科学研究リポジトリ・ポータル「COVID-19 Intelligent Insignt」の公開を発表しました。この誰でもアクセス可能な、無償で公開されたポータルは、Sinequa社のインテリジェントな技術と専門知識に基づき、日々膨大に生成するCOVID-19の研究成果に対して、科学者や医学者による迅速な調査、分析を支援するために開発されました。また同ポータルは、科学論文や出版物、保健当局のガイダンス、臨床試験の情報を単一のインターフェースに集約することで、研究者が重要なインサイトを速やかに得ながら、COVID-19パンデミックに関する膨大な情報の分析を可能にします。

今回の発表について、Sinequa社最高経営責任者(CEO)のAlexandre Bilger氏は、次のように述べました。「我々のチームでは、COVID-19の研究者が、必要とする情報にアクセスし、新型コロナウイルスと関連疾患に関する、科学研究の進状況やトレンドを分析できる仕組みを検討していました。そこで、公開されている科学的データや出版物をSinequa社のインテリジェントサーチプラットフームに集約しました。ここにアクセスすることで、同プラットフォーム上に搭載された、高度な自然言語処理(NLP)と人工知能を分析に利用できます。研究者は、新型コロナウイルスとCOVID-19に関する新規知見の発見・検討が行えるようになります。」

COVID-19 Intelligent Insightポータルは、COVID-19やSARS-CoV-2に関する70,000以上の論文に対するインテリジェント検索と分析機能を備えた、COVID-19関連では最大規模のリポジトリです。しかも毎日新規コンテンツが追加されるので、常に最新の情報にアクセスできます。現時点では、学術論文のデータソースであるCOVID-19 Open Research Dataset(CORD-19)始め、Elsevierの論文、clinicaltrials.govの臨床研究、世界保健機関(WHO)データベース、疾病管理予防センター(CDC)の出版物などの情報ソースで構成されています。

Sinequa社は、ホワイトハウスの科学技術政策局(OSTP)やその他世界的な保健機関からの「AIが機械で読み出す技術」を求める声に向けて対応するため、急速に進化するコロナウイルスの文献にアクセス可能な無償ポータルの開発を決定しました。

COVID-19 Intelligent Insightポータルは、セマンティック分析やAI、臨床用語への認識を駆使して、科学コミュニティが瞬時に文書を検索できるようになっています。

  • 研究対象に関連する情報を素早く発見できるようになる
  • ドキュメントビューにより関連性の高い情報を探し、フルコンテキストで情報を参照、興味のある資料を理解可能になる
  • 各文献の重要な概念を分析することで、複数の文献の相関を見出し可視化、関連性を抽出する

"エンジニアである我々は、全世界挙げてパンデミックと闘う科学コミュニティを支援すべく、強い使命感のもと、我々の保有する技術を公開しました。COVID-19 Ingelligent Insight Portalポータルが、研究のニーズにより良くお応えできるよう、多くの研究者にアクセスしていただきたいです。また我々はCOVID-19制圧への闘いを引き続き支援していきたく、同ポータル(https://covidsearch.sinequa.com/)のフィードバックをいただけることを願っております。」とBilger氏は締めくくりました。

COVID-19 Ingelligent Insight Portalに関するより詳細な情報は、下記URLに掲載しています。
https://go.sinequa.com/covid-19intelligentinsightresearchtool.html

Sinequa社について

Sinequa社は、主にフォーブス・グローバル2000の企業や政府機関向けに、情報や専門知識、知見を結び付け、組織をインフォメーション・ドリブン型へと導く、AIベースの検索・分析プラットフォームを提供するソフトウェアベンダーです。お客様は、同社が提供するプラットフォームを通じて、意思決定に必要な知見や情報が得られます。それら情報の背景や状況の理解を支援するため、企業に蓄積された膨大な情報を有効活用でき、生産性向上も見込めるようになります。このプラットフォームは、莫大な容量でしかも多様・複雑なデータとコンテンツを保有する、大規模組織のプロジェクト経験を通じて開発されました。
Sinequa社プラットフォームは、お客様の組織をインフォメーション・ドリブン型への変革を支援します。詳細は、こちらhttps://www.sinequa.comをご覧ください。

© ITOCHU Techno-Solutions Corporation