AIによるコンテクスト分析がブランドのゲーム・チェンジャーとなる理由

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkdIn

2020.09.07

※NetBase Quid社Harvey Rañola氏が寄稿した「Why AI-powered Contextual Analysis is a Game-changer for Brands」を意訳した記事です。

戦略的な意思決定を行う際には、最も関連性の高い消費者および市場インサイトに即時にアクセスできるブランドが、オフラインとオンラインのいずれにおいても一貫して勝利を収めています。これこそ、AIを活用したコンテクスト分析(文脈分析)が、ブランドのゲーム・チェンジャー(市場に急激な変化をもたらす製品や企業)となる理由です。なぜそうなるのか、その理由を探ってみましょう。

まず、ブランドが属する、あるいはこれから参入したいと考えているカテゴリーを理解するために、我々が提供するのは、AIを用いたテキスト分析プラットフォーム「Quid」です。Quidは、何百万ものテキスト文書を読み込んで関連性を導き出します。そして近い将来、アクセス可能なデータは数十億にまで拡大するでしょう。

毎日、何十億人もの消費者がオンラインで活動している中、ブランドは複雑な質問に答えられるための迅速なインサイト(洞察)を作成する必要があります。Quidプラットフォームは、次世代の人工知能を利用して、3つの重要な分野、すなわち、競合情報、市場の状況、トレンド分析において、実用的なインサイトを明らかにします。それぞれについて順番に見ていきましょう。

AIを活用したコンペティティブ・インテリジェンス

オフラインとオンラインを問わず、至る所に存在している競合他社が何をしようとしているのかを理解することが重要です。また、アナリストのバイアスに左右されない結果を得ることが重要であるものの、人が収集したデータは偏っている可能性があります。

Quidは、どのようにこれらを考慮しているのでしょうか?極めて精密なツールであるQuidは、検索条件を入力するだけで、人の介入を必要としません。Quidを用いると、AIが検索を実行し、文脈に沿ったコネクションの形成により、バイアスを取り除きます。重要なものを選択する際に、人を介入させません。

いったんインサイトが手に入れば、アナリストはデータを深く掘り下げて、会話がどの程度浸透しているのか、競合他社がどの程度の会話を捉えているのかを確認することができます。

その一例が、最近の電気自動車に関する分析です。現在はT社 が話題の大部分を占めていますが、他にも多くの自動車メーカーや投資会社がこの分野で話題になっています。

最も強力な競合がどこなのか、そしてそれぞれについてどのようなストーリーが共有されているのかを理解することは、業界がどこに向かっており- そしてなぜハイブリッドカーが懸念されるのかを理解するのに役立ちます。

AIを活用した市場動向

市場状況な突然の変化により、ブランドが窮地に陥る可能性があるため、業界の全体像を把握しておくことは非常に重要です。タクシーやその他のプライベートブランドの自動車サービスのオーナーに、Uberについて尋ねてみてください。ここでは、ホテル業界を脅かしたAirbnbを見てみましょう。

どのようなカテゴリーであっても、消費者の考え方にどれほど深く根付いていたとしても、全体像に注意を払わなければ、ブランドは、突然でしかも極端な戦略の変更を迫られることがあります。その全体像は、自社の本拠地にかかわらず、グローバルな視点を持つことが重要です。

大手企業が中国で(少なくとも一時的に)店舗を閉鎖せざるを得なくなったことによるトリクルダウン効果の一端として、新型コロナウイルスの影響を受けた企業がどれだけあるでしょうか?製造拠点を持つ企業だけでなく、他の多くの産業にも影響を与えています

自社ブランドが属するカテゴリーについて世界的なインサイトに目を向け、トラブルの初期兆候が見られないか監視することは、トラブルに事前に備えておくことと、土壇場になってから計画を立てるという違いがあります。後者の方が、ブランドにとって多くのコストが掛かります。

AI化されていないトレンド分析

AirbnbやUberは、消費者ニーズの突然の変化によるものと言及しましたが、実際にそうなのでしょうか。市場動向の閲覧は、代替交通機関への投資にヒントを提供し、これら新しいサービスについての会話を増やすことができますが、トレンド分析なしでは、描く絵としては不完全です。そして、プロモーションや投資、調査のどこに費用を掛けるべきかをマップする際に、トレンドはおそらく最も重要な項目となります。

例えば、包括性を考えてみましょう。どのような市場であっても、市場の状況は、最終的に、消費者が購入の意思決定の基準とする理想として、包括性を見ることになるでしょう。持続可能性もまた、まもなく注目されると予想されるホット・トレンドです。ミレニアル世代はすでに社会的影響力でアメリカンチーズ(加工チーズ)を避けており、大手ブランドは、この強力な消費者層に適応するためにポジショニングを変えていると見られます。

自社のブランドやカテゴリーに最も関連性の高いトレンドを知らないと、ビジネスが破綻する可能性があります。例えば、パッケージをプラスチックから麻に変える代わりに、ビットコインやイーサリアム、その他のデジタル通貨を支払いオプションとして提供することに力を入れている企業を想像してみてください。あるいはその逆もあるかもしれません。

あなたの市場ではどのようなトレンドがあり、またそれが状況に適うことなのでしょうか?次世代のAIを活用した、消費者や市場のインテリジェンス全般、特にコンテクスト分析によって、ブランドがトレンドに合っているかどうかの区別ができるようになります。

もっと詳しく知りたい!

これまで見てきたように、ブランドのインサイトを高めるための時間を大幅に短縮するのは、物事を理解しているということです。これらの例は、実現可能とするものの一部に過ぎません。Quid の真の力を確認し、カテゴリーを創造する情報取得を開始するために、デモをご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

最後までお読みいただきありがとうございました。


Quid事例集プレゼント
ブログ一覧へ

製品に関するお問い合わせ・
導入のご相談

製品に関するお問い合わせや導入のご相談など、担当スタッフがサポートします。まずはお問い合わせから、お気軽にご相談ください。

03-6417-6600受付時間:平日9:00〜17:30