話題の中心から外れている情報には、将来ブレイクするネタが眠っている-消費者の間で話題になっているヘアケア商品は?<パート4>

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkdIn

Examining The News 2020.03.24

前回は、ヘアケア成分に関する過去2年間のニュース・ブログ記事を、AI(自然言語処理)を搭載したテキスト解析エンジンQuidで分析、消費者が求めるヘアケア成分の傾向を把握した事例をご紹介しました。

これまでの事例では、記事数が多い話題がトレンドであると判断し、着目して分析を進めてきました。それでは、記事数が少なく、あまり消費者に知られていない情報は、使い道がないのでしょうか?

答えはNOです。

そのような情報こそ、将来のビジネスにつながるヒントが眠っています。

ヘアケアの分類結果に戻って考えてみましょう。

AIによるヘアケア商品の分析AIによるヘアケアの話題を分類した結果

Quidのネットワークマップの中心に近づけば近づくほど、話題の中心であることを表します。反対に、青い四角で囲ったまばらな点(=記事)は、メディアであまり取り上げれていなく消費者にも知られていないことから、ネットワークマップの中心から外れた位置に点在しています。

これらは、新奇性が高く、現在は認知度が低いものの、将来トレンドに変貌を遂げる可能性が高い情報です。ですので、新製品や新サービス、新規の事業戦略を立案する担当者にとっては、現在のトレンドはもちろんのこと、話題の中心から外れた情報まで見渡すことが重要になります。

では、上図の青い四角で囲んだ話題を詳しく見ていくことにしましょう。

ヘアケア成分のタイムトレンド

パート2でご紹介した記事数の多かった話題とは対照的に、時代の最先端をいくような目新しい情報が見つかりました。

米国のヘアケアブランドが、型破りなコマーシャル(CM)を放映していたことが、一部のメディアで取り上げられていました。通常、ヘアケア商品のCMには、完璧にヘアスタイルを決めたモデルが、美しい髪をアピールする映像を良く見かけます。しかし同社のCMでは、モデルが登場時には敢えてヘアスタイルを完璧にしておらず、同社製品を使って、リアルにヘアスタイルが整っていくプロセスをお見せするというリアリティが、視聴者からの好評を博したようです(※1)。

また、チーズの香りがするシャンプー、ベーコンの香りがするコンディショナーという、ユニークな商品が海外で発売されていることが分かりました(※2)。

このように、ヘアケアに関して、敢えて話題の中心から外れた記事に着目すると、これまで思いもよらなかった新規アイデアが満載のコンテンツが見つかりました。

引用)
※1 https://themarketingbirds.com/suaves-advertisement-reveals-commercial-tricks/
※2 https://www.shape.com/lifestyle/beauty-style/cheese-bacon-scented-shampoo-conditioner
※3 https://www.kao.com/jp/corporate/news/business-finance/2017/20171221-001/
※4 https://ww.fashionnetwork.com/news/qvc-founder-launches-hair-care-line-for-women-over-30,881163.html

最後までお読みいただきありがとうございました。


この記事は次回へと続きます。パート5もご期待ください。(sales-quid@ctc-g.co.jp)。

AIによるヘアケア商品の分析
ブログ一覧へ

製品に関するお問い合わせ・
導入のご相談

製品に関するお問い合わせや導入のご相談など、担当スタッフがサポートします。まずはお問い合わせから、お気軽にご相談ください。

03-6417-6600受付時間:平日9:00〜17:30