CTCのライフサイエンス情報サイト LSTech

LeadScope
line

ベンダー概要

Leadscope社は、1997年に米国オハイオ州コロンバスでの設立以来、主に製薬企業の早期探索業務や安全性予測のためのケモインフォマティクスツールの開発と販売を行って参りました。Leadscope社のミッションは、研究開発の過程で得られた規制対応下或いは高品質データに基づいた意思決定支援を提供することで、創薬開発プロセスを加速化、効率向上に貢献することをです。

Leadscope社はケムインフォマティックスやin slico予測に対する深く長い経験をもっており、研究データに含まれる価値ある知見を見出すための効率的な解析や可視化を行えるツールやデータベースを提供しております。また近年はin silico毒性予測にも注力しており、お客様が自社で所有するデータと米国FDAが保有するToxicity Database(Leadscope社が定義したToxMLフォーマットに整理された)と統合可能なプラットフォームにより、パブリックでオープンな結果のみならず自社で蓄積されてきた知見を同時に解析し新たな知見を見出すことを支援します。

昨今トレンドであるICHM7ガイドラインによる化学物質の中間体および不純物質のDNA反応性評価ではLeadscope社の製品がFDAやヨーロッパの監督官庁でも採用されており、欧米をはじめ多くの製薬企業に採用されております。

Leadscope Toxicity Databe

詳細な毒性情報を含んだ163,000以上の化合物を収録したデータベースです


Leadscope Predicitve Data Miner

フラグメントキー及びプロパティを用いたQSARモデルの構築と予測を行うツールです。


Leadscope Model Aplier

FDAと共同開発の毒性予測ソフトウェア。ICH M7のDNA反応性不純物のリスク管理で活用できます。


PageTop