CTCのライフサイエンス情報サイト LSTech

統計ベースin silico定量毒性予測システムSarah Nexus

line
ICHM7ガイドラインFAQ集

Sarah NexusがICH M7ガイドライン対応を支援するポイント

ポイント1

Sarah NexusはFDAとの共同研究で開発された統計ベースのQSARシステムであ り、Ames試験(変異原性)の予測モデルを提供します。Sarahの予測アルゴ リズムは高い透明性を持ち、ICHM7ガイドラインで求められるエキスパートレビューの実施を強力に支援します。

ポイント2

知識ベースQSARシステムDerek Nexusを併用することで、ワンプラットフォー ムで定性毒性予測と定量毒性予測を同時に実施可能、結果のレビュー、レポーティ ングの負荷を軽減します。

関連ニュース

製品概要

Sarah Nexus は化合物の構造から変異原性(Mutagenicity)を予測するQSAR(定量的構造活性相関)モデルベースのシステムです。

図:Sarah Nexus 定量予測の結果

Sarah Nexusは定量予測システムであり、網羅性の高い変異原性データセットから、統計学的手法を用いて構築されたモデルをベースに、Query化合物の構造式から変異原性の予測を行います。

化合物の構造を内蔵のDrawing ToolやMol・SDファイルなどから入力することで、容易な操作により毒性予測が可能です。同時に、その毒性予測の根拠になった構造部位を提示します。

主な機能

Sarah Nexusの予測結果には、以下の内容が表示されます。

  • Mutagenicityに対する陽性/陰性の判定と予測の信頼値が明示されます。
  • Query化合物に含まれるフラグメントで、予測の根拠となった部分構造が表示されます。

Sarah Nexusから出力するレポートファイルには、以下の機能があります。

  • レポートは、各種フォーマット(.pdf, .docx, HTML)で出力することが可能です。
  • レポートに盛込む内容は、カスタマイズが可能です。

導入メリット

  • Windowsデスクトップスタンドアローンシステムであり操作が容易であるため、どの領域の研究者でもすぐにお使い頂くことができます。
  • Lhasa社が提供する定性的毒性予測Derek Nexus、毒性試験データベースVitic Nexusの結果を、共通プラットフォームNexus上に同時に表示させることができます(但し、各製品のライセンスが必要となります)。特に定性予測と定量予測の補完的利用は、ICHM7ガイドライン対応において重要な機能となります。
  • 構造活性相関に関するトレーニングデータセットに含まれる既知の毒性知見も参照することができ、毒性予測結果の吟味が可能です。
  • 合成段階での潜在的毒性の検出、安全性試験の優先順位付け等に利用することで、より早期段階での毒性プロファイリングが可能となります。
  • Lhasa Limited社主催によるユーザ会が開催され、今後の代謝反応予測ルール開発に関する意見交換を行う機会がございます。→ICGMページへジャンプ
  • Sarah NexusのConfidence and Accuracyに関する文献
Confidence and Accuracy in Sarah Nexus

詳細は、文献オリジナル(下記リンク)をご参照ください。
http://www.lhasalimited.org/Public/Library/2016/Sarah%20Confidence.pdf?utm_source=LinkedIn&utm_medium=Post window open

資料ダウンロード

カタログ

Sarah Nexusのカタログ英語版は、以下のLhasa社ページからダウンロードできます。
Lhasa社ライブラリ window open

文献ライブラリ

Sarah Nexusに関連する文献や過去発表ポスターは、以下のLhasa社ページをご参照ください。
Sarah Nexus Library window open

PageTop