CTCのライフサイエンス情報サイト LSTech

ICHM7 in silico毒性評価ソフトウェア

line
ICHM7ガイドラインFAQ集
関連ニュース

ICH M7に関して

  • ICH M7とは、医薬品中DNA反応性(変異原性)不純物の評価及び管理に関するガイドライン(案)です。
  • 本ガイドラインには、コンピュータによる毒性評価は (Q)SAR法を用いて実施すべきであると明記されています。
  • 変異原性試験に関するデータベース及び文献検索によりクラス分類を実施します。
  • そのような分類に用いるデータが得られない場合には、異なる2つのin silicoシステム (知識ベース,統計ベース) を用いて、不純物の変異原性を予測します。

ICH M7対応製品

Lhasa社in silico定性毒性予測システム(知識ベース):Derek Nexus

Derek Nexus

知識ベースの毒性予測システムです。 多くの毒性試験データ・論文・毒性学の専門書などをデータソースとして、構造活性相関(SAR: Structure Activity Relationship)の経験則をルール化した知識ベースに基づき、定性的な毒性予測を行います。

Lhasa社毒性試験データベース:Vitic Nexus

Vitic Nexus

様々なデータソースから約20,000化合物の毒性試験データを収録したデータベースです。化合物構造、毒性エンドポイント、毒性試験の種類、生物種、試験結果(positive/negative)などを検索条件として、目的のデータを探し出すことが可能です。

Lhasa社in silico定量毒性予測システム(統計ベース):Sarah Nexus

Sarah Nexus

統計ベースの毒性予測システムです。QSARモデル構築に使用しているトレーニングデータセットを表示できることが特徴です。

in silico代謝物予測システム:Meteor Nexus

Meteor Nexus

化合物の構造からその代謝反応および代謝産物を予測する知識ベース(Knowledge Base)のエキスパートシステムです。

in silico分解生成物予測システム:Zeneth

Zeneth

化合物の構造からその分解生成物を予測する知識ベースのソフトウェアです。
Zenethは、多くの知見から得られる化合物の部分構造と各種分解環境(温度、酸或いはアルカリ存在下、ラジカル共存下、光条件下等)の経験則を定義した知識ベースにより、定性的分解予測を行います。予測結果では、分解生成物の構造以外に、分解経路、適応された知識及びその知識に関連する既知の分解反応データも参照することができます。

Purge Factor算出ツール:Mirabilis

Mirabilis

API合成過程に推定される変異原性不純物のPurge Factorを計算するエキスパートシステムです。

Leadscope社毒性試験データベース:
Leadscope Toxicity Database

Leadscope

詳細な毒性情報が付随した163,000 以上の化合物を収録したデータベースです。
Leadscopeを用いて、特定の毒性を持つ類似化合物を迅速かつ網羅的に探索することができます。
また、これらのデータを解析することによって、新規化合物の毒性に対する考察を行うことができます。

Leadscope社統計ベースQSAR(構造活性相関)毒性予測ソフトウェア:
Leadscope Model Applier

Leadscope

Leadscope社とFDAによって共同開発された統計ベースのQSAR(構造活性相関)毒性予測ソフトウェアです。
各種毒性試験データやヒト副作用データを元に構築されたQSARモデルを基に、統計的に毒性発現確率を算出することにより化合物の毒性を予測します。


図:ICH M7ガイドライン対応ソリューション Meteor Nexus Zeneth Vitic Nexus Derek Nexus Sarah Nexus Vitic Nexus Vitic Nexus Mirabilis

ICH M7 Expert Review Worked Example

PageTop