CTCのライフサイエンス情報サイト LSTech

GOSTAR

ドラッグリポジショニング・サービスフロー

ドラッグリポジショニング・サービス各ステップの詳細

※プロジェクト開始前に、お客様-Excelra社-CTCの3社間で秘密保持契約を締結します。

①お客様より、候補化合物に関する情報(化合物構造情報、(もしも分かっていれば)ターゲット、本来狙っていた適応症など)をご提供いただきます。

②Excelra社による作業が開始します。①の情報に基づき、Excelra社が採用した全8種類のアルゴリズム(※アルゴリズム詳細はコチラ)を用いて、関連データの収集を行います。

③Excelra社が、②で検索・収集したデータに対し、より高精度な情報に絞り込むためのデータのクレンジング(重複データ排除・シノニム統一・有意でない疾患の除外など)を行います。

④Excelra社が、③で絞り込まれた候補疾患に対し、優先順位付けをした候補疾患リストを作成します。ここでの優先順位付には、ヒットしたアルゴリズム数の多さや、前臨床試験、治験・臨床試験で関連するエビデンスの豊富さが考慮されます。

⑤④で特定された優先順位の高い候補疾患に対し、Excelra社の各疾患領域の専門知識に精通したスペシャリストが、候補疾患の薬学的な妥当性を評価できるように、薬効メカニズムの仮説を立てます 。同時に、仮説を裏付けるような科学的知見も調査します。

※②~⑤の間、お客様のご要望に応じて、隔週・月ごとにその時点での進捗報告をさせて頂きます。ここで、お客様はプロジェクト進捗状況を把握して頂き、結果を踏まえて、ご意見・ご要望をExcelra社に直接伝えて頂くことができます。

⑥プロジェクト終了時には、プロジェクトレポートを納品させて頂きます。
このレポートには、1化合物当たり2~3疾患程度まで絞り込まれた候補疾患と、それらに付随する作用メカニズム仮説やそれを裏付ける文献も提示されています。
このように、納品物には最終結果のみならず、Excelra社による一連の検討結果や考察も含まれます。

PageTop