CTCのライフサイエンス情報サイト LSTech

  • GMS( Genomatix Mining Station )
  • オンプレミス次世代シーケンサー(NGS)
    配列マッピング・アセンブルシステム

    GMS( Genomatix Mining Station)

line
GenomatixSuite無償トライアル

製品概要

次世代シーケンサー データ解析システム

高速シーケンサーから得られる巨大なデータをストレス無く、高速にデータ解析するシステムです。この2製品を組み合わせて利用することで、タグのマッピングなどの基礎解析から、Genotype解析、トランスクリプトーム、制御因子解析、エピジェネティクス解析などの、二次解析まで様々な解析が可能です。 Genomatix Mining Station(GMS)は大量の配列情報を高速にマッピングするシステムです。

Genomatix Mining Stationの特長

  • 全次世代シーケンサーに対応済み
    (対応シーケンサー illumina・ABI・Roche・Helicos)
  • 独自アルゴリズムで高速ゲノムマッピングを実現
    (100万bp/分でゲノムにマッピング)
  • マッピングするリードの長さに上限なし
  • ミスマッチ、欠損部位を検出
  • SNPsの検出
  • 自社のSplicing Junction Libraryを使用し、バリアントの検出

次世代シーケンサーデータ解析の流れ

トランスクリプトーム、Genotype、ChIP-Seqなど、次世代シーケンサーのあらゆる解析が可能です。

次世代シーケンサーデータ解析の流れ

マッピング可能な生物種(2013年4月現在)

新規ゲノムの組み込みも可能です。

  • Anopheles gambiae
  • Apis mellifera
  • Arabidopsis thaliana
  • Bos Taurus
  • Caenorthabditis elegans
  • Camponotus floridanus
  • Canis familiaris
  • Danio rerio
  • Drosophila melanogaster
  • Equus cabaiius
  • Gallus gallus
  • Glycine max
  • Harpegnathos saltator
  • Homo sapiens
  • Macaca mulatto
  • Monodelphis domestica
  • Mus musculous
  • Neurospora crassa
  • Oryza sativa
  • Pan troglodytes
  • Plasmodium falciparum
  • Populus trichcarpa
  • Ornithorhynchus anatinus
  • Oryctolagus cuniculus
  • Rattus norvegicus
  • Saccharomyces cerevisiae
  • Schizosaccharomyces pombe
  • Sorghum bicolor
  • Sun scrofa
  • Taeniopygia guttata
  • Vitis vinifera
  • Xenopus tropicalis
  • Zea mays

PageTop