CTCのライフサイエンス情報サイト LSTech

  • BIOBASE Knowledge Library (BKL)
    タンパク質・パスウェイ・転写因子情報を収載した統合データベース

line

製品概要

創薬研究を支えるライフサイエンスの知見は日々更新され、膨大な量の情報が蓄積されています。これにともない、情報を有効活用するためのソリューションが求められています。

BKLはタンパク質情報データベースとして、100万件以上の文献から創薬研究の必須情報をマニュアルキュレーションにより収集・蓄積し、文献情報検索・活用の効率化に貢献しています。

タンパク質情報データベース BKL に収録されているデータは、各分野の専門知識を有する専任キュレーターが手作業で抽出したデータです。

疾患関連バイオマーカー、発現情報などパブリックデータベースでは提供が難しい有用情報を蓄積し、さらに隔週更新により最新の知見にも対応しています。

BIOBASE Knowledge Library (BKL)

特徴

  • 疾患、ターゲット、バイオマーカー、パスウェイ、転写調節など創薬研究の必須情報を収載
  • 各分野の専門知識を有する専任キュレーターが手作業で抽出した高品質なデータ
  • 対応する生物種はヒト、マウス、ラットの他に、分裂酵母、出芽酵母、線虫、病原性真菌
  • 隔週更新により最新の知見にも対応
  • 各種検索機能により高品質なデータを最大限に活用可能

創薬研究の必須情報を網羅する高品質キュレーションデータ

100万件以上の文献をもとに、タンパク質の機能・特長、疾患関連バイオマーカー、発現情報といった情報が登録されています。さらに、シグナル伝達パスウェイおよび代謝パスウェイの詳細情報、文献から集められた転写因子結合サイトの情報、結合サイトのコンセンサス配列の情報、ChIP-on-Chipの実験結果等が登録されています

資料ダウンロード

カタログ

PageTop