CTCのライフサイエンス情報サイト LSTech

  • Home
  • > 製品一覧
  • SSCI結晶多形・塩・共結晶受託サービスの流れ

結晶多形・塩・共結晶サービス ~初期の結晶化検討から承認申請用まで対応~ 完全オーダーメイド型試験

line

結晶多形・塩・共結晶スクリーニングサービスの流れ

結晶多形・塩・共結晶スクリーニングサービスの流れ

■各ステップの詳細
①お客様、SSCI、CTCの3社間で秘密保持契約を締結します。※初回委託時に締結して頂きますと、2回目以降の委託からはこのステップを省略できます。
②お客様から目的や化合物情報 (例えば、Compound name・Chemical structure・Solubility・Stability・Hygroscopicity・TG-DTA・XRPD・XRPD-DSC・HPLC chart・HPLC method)などスクリーニング条件についてご提示頂きます。
※上記全ての情報がご提供必須ではございません
③SSCIとCTCから、プロポーザル(実験条件)文書をお見積りを提示します。
④委託内容の詳細を取り決め、マスターサービス契約を締結します。
⑤お見積りとご契約内容をご確認の後、CTC宛にご発注頂きます。
⑥お客様からSSCIに、化合物を送付して頂きますが、別途化合物の輸送費が掛かります(お見積りには含まれておりませんのでご注意ください)。
⑦化合物が届き次第、SSCIにて実験を開始します。
※平均2~3週間ごとに、途中経過レポートと解析データをCTCからご報告致します。
⑧実験の終了後(平均で60日~90日程度)、SSCIよりお客様にプロジェクトレポートを納品致します。また、種結晶のご提供も可能です。

PageTop