CTCのライフサイエンス情報サイト LSTech

  • Home
  • > 製品トピックス
  • > CTCLS、日本環境変異原学会第43回大会にICH M7ガイドライン対応in silico毒性評価ソリューションを出展
  • 製品トピックス

line

CTCLS、日本環境変異原学会第43回大会にICH M7ガイドライン対応in silico毒性評価
ソリューションを出展

製薬・医療機器を始めライフサイエンス業界にソリューションを提供しているCTCライフサイエンス株式会社(以下、CTCLS)は、2014年12月4日(木)~5日(金)、東京都千代田区の一橋大学で開催された「日本環境変異原学会第43回大会・東京」(主催:同大会実行委員会)において、ICH M7ガイドライン対応in silico毒性評価ソリューション(以下、ICH M7対応ソリューション)を出展しました。

日本環境変異原学会は変異原の分野では国内最大規模の学会です。同学会では、製薬企業、受託臨床試験機関(CRO)、大学・研究機関などで活躍する研究者が、遺伝毒性に関する基礎研究から応用技術まで幅広い関連情報の共有を目的として活動しています。大会では、Ames試験をはじめとしたin vitro系試験の研究報告のみならず、実験の代替法としてQSARモデルによる変異原性予測の検証事例が発表されるなど、例年にも増してin silico毒性評価に注目が集まりました。

そうした注目の高まりの背景にあるのが、ICH M7「潜在的発がんリスクを低減するための医薬品中DNA反応性(変異原性)不純物の評価及び管理」ガイドライン(以下、ICH M7ガイドライン)です。来年、ICH M 7ガイドラインが施行されると、医薬品の原薬だけでなく不純物に関しても潜在的な変異原性のリスク評価が求められます。ICH M 7ガイドラインにはin silico毒性評価が実験の代替手段になり得ることが明記されており、in silicoによるリスク評価の需要がますます高まることは確実です。

CTCLSが展示したICH M7対応ソリューションは、ハザード評価の一連のワークフロー(下図)を網羅することが可能です。製品群には、Lhasa社の知識ベース毒性予測システムDerek Nexus統計ベース毒性予測システムSarah Nexus毒性試験情報データベースVitic NexusLeadscope社の毒性試験データベースLeadscopeR Toxicity Database統計ベースQSAR毒性予測ソフトウェアLeadscopeR Model Applierなどが含まれています。

図:ハザード評価ワークフロー

Lhasa社のNexusシリーズ(Derek NexusSarah NexusVitic Nexus)の次期バージョンの新機能「M7 Prediction」を使えば、Derek NexusSarah Nexusによる2つの異なる予測をワンクリックで同時実行できるようになります。また、2種類の相補的なQSARによる予測結果を単一画面で閲覧したり、レポートを作成したりすることも可能になります。

CTCLSは、M7 PredictionはICH M7ガイドライン対応を強力に支援する独自の機能であると説明しました。そして、M7 Predictionを用いた毒性予測のデモンストレーションを行ったところ、来場した多くの研究者から「ワンプラットフォームで相補的なQSARを用いた毒性予測が簡便に行え、ICH M7対応の業務が飛躍的に効率化しそうだ」といった高い評価をいただきました。

CTCLSは、来年のICH M7ガイドライン施行に向けて、同ソリューションの販売活動を強化します。

CTCライフサイエンス株式会社について

CTCLSは1989年の創業以来、製薬企業を中心としたライフサイエンス業界のお客様を対象にICTソリューションの提供を通して、その課題解決に貢献してきました。CTCLSの強みは、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)グループの最先端かつ広範なICT技術力、先進のサイエンスを取り入れた製品を有するベンダーとの強固なパートナーシップ、そして薬学や生命科学に関する深い理解と豊富な業務知識に基づくコンサルティング力です。これらを活かして、ICTとライフサイエンスの両方の視点から、海外の最先端のサイエンス製品とICT製品・サービスを融合し、単なるシステム構築にとどまることなく、お客様ごとの業務や課題を踏まえた最適なソリューションを提供します。
CTCLSの詳細については http://ls.ctc-g.co.jp/index.html をご覧ください。

製品紹介ページ

※記載されている商品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

以上
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
ライフサイエンス事業部
TEL:03-6417-6600/E-mail: ls-marcom@ctc-g.co.jp

PageTop