CTCのライフサイエンス情報サイト LSTech

Webセミナーのご案内 [ITインフラ(コンサルサービス)]

GPU開発元エヌビディア社が講演
AIとシミュレーションによる創薬効率化

NVIDIA

当Webセミナーは開催終了しましたが、ご希望の方に、発表資料をご提供いたします。以下お問合せフォームからお申込みください

開催概要

開催日時 2018年3月12日(月)13:30~14:30
Webセミナー資料申込みサイト https://ctc-form.jp/public/application/add/412
会場 インターネット上でのWebセミナーのため、ご来場は不要です。
ご使用中のPCよりアクセスして下さい。
アクセス方法はお申込み頂いた後、メールにて後日連絡致します。
申込み期間 開催日前日まで
主催 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
費用 無料(事前登録制)
定員 100名

概要

ディープラーニングの研究・活用が徐々に創薬の分野にも広がり始めています。エヌビディア社が開発したGPUはディープラーニングの環境構築において事実上の標準となっており、多くの研究機関に導入され研究基盤を支えております。

本Webセミナーではエヌビディア社より創薬の効率化に向けた具体的なユースケースや活用、研究例をご紹介します。

またMDシミュレーションの分野においても、GPUはCPUの数倍から100倍に及ぶ高速化が可能であり、大規模なGPU計算環境の活用により米国の創薬ベンチャーなどで成功事例が出てきております。こちらの現状についてもお伝えします。

PageTop