CTCのライフサイエンス情報サイト LSTech

  • イベントレポート

line

CTCLS社名変更記念セミナーを開催しました

開催日:2014年5月15日(木)
主催:CTCライフサイエンス株式会社(CTCLS)

2014年5月15日(木)、東京マリオットホテルにて、「CTCLS社名変更記念セミナー」を開催しました。

CTCLSは本年4月1日付で社名を変更しました。本セミナーでは、社名変更を機にCTCLSがどのような考え方で事業を行い製薬業界に貢献していくのかということを、その方向性を特徴づける新たな技術やサービスとともにご紹介しました。また、外部講師として、アステラス製薬株式会社 コーポレートIT部 部長 須田真也様、並びに 神奈川県CIO 根本昌彦様にもご講演いただきました。
本セミナーには、CTCLSのお客様や取引先を中心に150名以上のご参加をいただきました。

会場の様子

開会のご挨拶

冒頭、挨拶に立ったCTCLS 代表取締役社長 横山 良治は、「CTCLSは今年の10月で創立25周年を迎えます。25周年を前にして、昨年1年間、次の10年をいかに成長していくか社内で議論を繰り返しました。その結果、これまでの事業ドメインである創薬研究分野はもちろんのこと、その後の開発、製造、市販後、全社IT、基幹系に至るまで、ライフサイエンス業界の業務全般に及ぶソリューション提供を目指すべきであるという結論に達し、社名変更するに至りました。本日のセミナーでは、新生CTCLSの方向性のご紹介とともに、皆様の課題を解決するヒントとなりうるお話をさせていただきます。」と語りました。

開会のご挨拶

CTCLS講演 製薬業界を取り巻く環境とCTCLSの事業方針

続いて講演に入り、CTCLS 営業・技術本部長 田邉 雄介が「製薬業界を取り巻く環境とCTCLSの事業方針」と題して講演しました。

田邉は、お客様の課題解決をサポートするためにCTCLSがどのように事業を行っていくのかについて、「CTCLSは、親会社であるCTCグループが提供する各種インフラ、クラウド、データセンター、保守等サービスを徹底的に活用していきます。CTCはITのライフサイクル全体をカバーする技術力・製品力をもっており、CTCLSのライフサイエンス業界での知見をプラスすることで、お客様の経営戦略に貢献できるものと考えています。また、グローバルサービスの強化を図っていきたいと考えています。CTCの各国の拠点とベンダーのネットワークを活用し、お客様のグローバル展開のお役にたっていきたいと思います。」と述べました。

CTC講演 CTCデータセンター及びクラウドサービスのご紹介

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC) 執行役員 クラウド事業推進本部長 藤岡 良樹より、「CTCデータセンター及びクラウドサービスのご紹介」と題し、「クラウド時代の到来」が叫ばれる昨今のITインフラ潮流と、CTCが提供するデータセンター及びクラウドサービスElastic CUVICについてお話ししました。高品質のITインフラ環境と運用・管理業務をアウトソーシングサービスとしてご提供できるCTC独自の強みをご紹介しました。

CTC講演 CTCデータセンター及びクラウドサービスのご紹介

招待講演 アステラス製薬のIT戦略

アステラス製薬株式会社 コーポレートIT部長 須田 真也様より、「アステラス製薬のIT戦略」と題して講演いただきました。
アステラス製薬では、医薬品市場の激化に伴い日本のみならずグローバルでも競合優位性を持つ企業の創生を目標に掲げておられますが、その中でIT部門の担う役割、海外赴任における人材育成、グローバルIT戦略について、同社で初めて英国の欧州本社IT部門に出向し欧州ITインフラ運用のアウトソーシング展開を担当された須田様のご経験をもとにお話しいただきました。コーポレートIT部門では、単にシステム導入支援だけでなく、研究者にとって新薬開発競争力の強化に繋がる新しいシステムの情報収集から提案まで、更にシステム導入後のバリュー増大まで追い求めることがミッションであるという印象深いご講演でした。

招待講演 アステラス製薬のIT戦略

招待講演 神奈川県の健康医療ICT戦略

神奈川県CIO(情報統括責任者) 根本 昌彦様からは「神奈川県の健康医療ICT戦略」と題して講演いただきました。
根本様は2013年2月に神奈川県のCIOに就任された後、いのち輝く魅力ある神奈川県の実現という理念の下、人口減少・高齢化による経済成長の鈍化を打開する成長戦略の一つとして、特区制度を活用した健康・医療関連の新たな産業・市場の創出や、健康情報の利用による健康寿命の伸長に取り組んでおられます。本セミナーでは、医療・ヘルスケア関連の神奈川県のICTの取り組みの例として、CHO(Chief Healthcare Officer)構想についてお話しいただきました。CHO構想とは、企業などの組織内に健康管理最高責任者の職を設置し、組織内部の個人の健康情報の見える化を図り組織の健康経営を推進するという構想です。個人の健康と企業の経営、社会全体の医療費の削減がICTを通じて達成されるという興味深いご講演でした。

ベンダー講演 The Clinical Intelligence Platform for Marketing Strategy

米国Humedica, Inc.のライフサイエンス担当副社長 Steve Davis氏より、「The Clinical Intelligence Platform for Marketing Strategy」と題してお話しいただきました。
CTCLSは今年1月、米国最大手United Health社のグループ会社であるHumedica, Incと代理店契約を締結し、製薬企業のグローバル戦略を支援する医療ビッグデータベースの取り扱いを開始致しました。今回Humedica, Inc.から、リアルワールド・データと呼ばれる実際の医療診療行為に基づくデータを分析活用し製薬業界のマーケティングに関するケーススタディについて講演いただきました。また同データベースが強みとしている糖尿病患者の長期治療薬歴のデータ例について詳細な説明がありました。

ベンダー講演 The Clinical Intelligence Platform for Marketing Strategy

ベンダー講演 Business Strategy of Accelrys, Inc.

米国Accelrys, Inc.のCEO Max Carnecchia氏より、「Business Strategy of Accelrys, Inc.」と題して講演いただきました。
昨今の製薬研究開発プロセスにおいて、新規リード探索を低分子からバイオロジクスへ、またCROなどアウトソースを最大限活用する方向へと様々なシフトが起こっていますが、それらにいち早く対応できるようなケムインフォマティックスを中心としたITソリューション提供戦略について講演いただきました。また、セミナー前日の5月14日、Dassault Systems社によるAccelrys, Inc.の買収完了が発表されましたが、この日の講演ではDassault グループの中でのAccelrys, Inc.の方向性も含めてお話しいただきました。

ベンダー講演 Business Strategy of Accelrys, Inc.

閉会のご挨拶

最後に、CTCLS 営業第一部長 中野 暢也からの閉会のご挨拶をもってセミナーを終了しました

閉会のご挨拶

懇親パーティ

セミナー終了後は、懇親のためのパーティを開催しました。伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 代表取締役社長 菊地 哲からのご挨拶に続き、日本たばこ産業株式会社 執行役員 医薬事業部 医薬総合研究所長 春田 純一様に乾杯の音頭をとっていただきました。パーティでは、プロマジシャンによるマジックの余興や、社名変更を記念して作成したCTCLSコーポレートビデオの上映などが行われました。

CTC 代表取締役社長 菊地 哲
コーポレートビデオ上映

会場の様子
マジシャン登場!

PageTop